おけ老人2017年02月25日 18:38

昨日の北羽新報「今週のおすすめ映画」欄に「おけ老人!」の紹介記事が載っていて面白そうだった。
そこでイオンに偵察に

国道側入口脇にこんな<お知らせ>
そこで今朝は9時50分からの映画鑑賞と決定
入場料はシニア料金なので、(白髪姿を見てわかったことだと思うが) 免許証を提示して1,000円で入館。
館内に照明が点くのを待って入館。横11席×9列。2列目からは椅子の幅を変えて前列と重ならないような工夫を凝らしていた。
終わってから気付いたが、上映9時50分の直前に2人入ってきたらしく、①上映を鑑賞したのは4人だった。なお、②上映を待っている人は10人程が長椅子に座って待っていた。

今日はいい映画を見た。「君の名は。」は4月始めからという予告も出ていた。また見に来よう。

昔、第一劇場後ろにO君という映画の看板を専門に書いている友人の家があった。我が家の近く西側に広い畑地があったが、そこに中央劇場が建ち、映画の最盛期が過ぎて建物が解体されるまでを知っている。
中学校には、石原裕次郎の主題歌が流れる日活劇場の脇の小路を抜けて第一小学校前に出て通ったこともある。
第一劇場の向かいに日活劇場、中央劇場向かいに東映劇場と、4館があった時代もあった。
少し離れたガマ(沼)の近くに大勝館、渟城第二小学校近くに東宝劇場があったこともうっすらと記憶にある。




我が家の蘭2017年02月25日 06:55

今日は我が家のランを紹介
シンビジウムは6鉢くらいあり、今年は正月過ぎから咲いているが、花の付き方があまりよくない

その中で、ランの名前はわからないが、このランだけは花が9個か10個も咲いている。
昨年までは1個か2個しか花を付けず、季節も冬ではなかったので、カメラデータを探しても昨年までの写真は見つからなかった。

今朝も秋田病院2017年02月24日 18:28

今日も秋田病院へ
人間ドックの時に、この科は引っかかりそうだと思う科があったので、その科を別に受診していた。
その結果を聞きに、途中の会員に新聞を配りながら、今朝は歩いて秋田病院へ。結果は「来年2月にまた受診するように」ということになった。
その時にK君のお姉さんという人に出会った。K君とは平成24年1月2日に開催された同期会で出会っていて、翌年にも年賀状をいただいていた。

この同期会の集合写真 120人程出席したので拡大しても誰だか判別出来ない。そこで私は、この写真の女性の部分だけを2箇所拡大して貼り付け、全体をA3判用紙に印刷して配った。配る際には全員の名前を書き加えた。ところでK君は後ろから2段目、左から7番目に立っていた。
お子さんを連れて参加した人もいた。この人もK君と同じクラスだった。彼女は前列左から2人目。

診察が終わって帰りは雪

途中、生け垣が雪をかぶってきれいな家もあった

普段クルマで通る道だが、歩くと小路に入ってみたくなる、
右に見えるのは市立図書館
ここは文化会館裏の小路

ここもK君のクラスメートの家なのだが、誰も住んでいないため除雪もされていない


人間ドックその22017年02月23日 15:21

このホテルに泊まるのは2度目。前回は2階か3階だったので
外の景色はほとんど見えなかったが、今回は9階東側。
窓ガラスが針金入りだったが、どうにか撮影出来た。

夕食時には定食の写真撮影をすっかり忘れていた。翌日朝に胃カメラが待っていたので、消化のよいものをと魚定食にした。「お飲み物は?」と聞かれたのでビールを頼む訳にもゆかず、明日人間ドックだからと断ったら、温かいウーロン茶を持ってきてくれた。

「時間がいっぱいあるはずだ」と読む予定の雑誌数冊にインデックスシールを貼って持ち込んだのだが、結局1冊目の2~3ページで終わりになった。

ホテル1階のラジウム人工温泉はよかった
これはホテルのリーフレットに載っていた写真
部屋はバス・トイレ付きだが、ホテルの狭い空間では風呂に浸かっても味気ない。ホテルにこういう風呂が付いているとゆったりした気分になれる。
ついでにホテル内の写真をもう1枚。夕食を食べた「花々亭」だが、朝食は6:30~9:00までバイキング朝食が無料なのだそうだ。
ホテルのリーフレットをよく見ると、朝食会場は「レストラン花茶屋」、夕食会場は「食・呑み処 花々亭」というのだそうだ。
人間ドック2日目
朝6時、スマホの「コケコッコー」という目覚まし音で外を見ると銀世界に衣替えしていた。
ホテルをチェックアウトする時、ルームカードを返すだけで支払いはないのだが、部屋の料金を聞くと「7,250円です」の答え。
ホテルの「INFOMATION」に書いてあった「客室料金」によると7,250円は「コンフォートシングル」の料金だった。
退職してからあちこちで「人間ドック」を受けてきた。
人間ドックに関する綴りをみると、
現職の時に42歳から、東北中央病院という山形市の教職員関係の「公立学校共済組合東北病院」というところで年1回の人間ドックを受けていた関係で、最初は東北中央病院で受診。
現職の時には6月開始だったが、退職してから4月と5月は退職者用となっていることを知った。
そこで、山形県の一本桜の名所、置賜地方の桜が咲く時期や、べにばなが満開の頃、福島県の三春滝桜の開花時に合わせて日程を申し込んだ年も多い。

その後、山本組合病院で宿泊ドックや日帰りドックを受けた年もある。
その後、脳の検査だけは秋田県立脳血管研究センターに変更、2011年には2月中に申し込んで、3月17日に受診予定となったが、東日本大震災で停電や余震が続いたことなどもあって、その年は4月8日に変更になった。
また秋田赤十字病院で宿泊ドックを受けた年もある。2日目の朝、秋田赤十字病院の周囲や、現在は「輝きの丘」と命名されて、県立秋田きらり支援学校などが出来ている団地造成地を歩いたこともあった。

誕生日が2月なので、出来れば2月に健康状態を確認したいという気持ちだが、ある年2月始めに病院に連絡した時、病院の都合で3月実施となったが、翌日病院から電話があり、「この受診利用券の使用期限が2月末までとなっているので2月23日に変更する」となった時もあった。

今日、人間ドックに入った秋田病院の正式名称は
独立行政法人 地域医療機能推進機構 秋田病院
略称は JCHO秋田病院 (ジェイコー秋田病院)

今日、すべての検査が終わったあとに出た昼食の写真

昼食前には「栄養指導」があったが、説明してくれたMさんは、私の授業を受けたことがあるということで、彼女の担任教諭だった松田光博先生の思い出でいっとき花を咲かせた。

当時は何でも短く省略して話す風潮が始まった頃で、彼は私と一緒に職員室内で「略語を使わない運動」をやろうとしていた。その運動を「ノー略運動」という名前で始めようとしていた。

早稲田出身だが私と同年の松田先生は、その後秋田高校や秋田南高校で国語の授業を担当、退職後に早く亡くなったが忘れられない人である。

松田さんの葬儀当日は能代で別の会があり、出席できなかったので、弔電を送った。その文章が手元にあるので記録しておこう。

松田光博さん、なぜこんなに急いで旅立たれたのですか?
昼になってさきがけ新報のお悔やみ欄で松田光博という名前を見、別人であることを祈りながら、あなたからの年賀状を探しました。
新聞と同じ住所がショックでした。

98年の賀状は「赤ペン先生を自称する日々が続いております」(この頃は秋田高校勤務)
02年は「冷たい偏差値の風に吹かれて、その日暮らしに追い込まれております。3年部主任としては……」
03年は「南高に来て赤ペン先生の日々が復活しました。私には赤ペンがよく似合う?」
04年は、前年秋に私の講演会に鷹巣まで来てくださった時の感想にふれて「あの折りは愉快な午後でした。あの晩は結局ワンツースリーさんと二ツ井まで電車で一緒でした。」
05年「南高生のご学友生活をもって教壇を去ります。」
06年「三歳の愛犬と二度の散歩が私の日課です。」
07年「賑わしい教室も今は昔のような気がします。
そして今年の賀状には「しあわせなお年でありますように」と書かれておりました。
これらの賀状の文字を見ながら、能代北高校の職員室での日々を思い出しています。11月中旬には10年ぶりに開く「能代北高旧職員の集い」でお会いできる日を楽しみにしておりましたのに。
ご冥福をお祈りいたします。合掌
 (当日は教員退職員の会の幹事会があり、提案する仕事があるので最期のお別れに伺えず残念です)

あとで参列した人に聞いたら、この弔電が弔辞の最初に読まれたということでした)

人間ドック2017年02月22日 15:05

今日は人間ドック 受付は7:20~8:00となっていた。到着したのが7:20だった。
ここで人間ドックに入るのは一昨年と同じなので、気楽に構えていたが、入ってみると前回のことはすっかり忘れていて新鮮な感じ。
前はコンビニ風の売店はなかったよな。
検査中の写真はないが、料金は健診基本料金が64,800円
県互助会の受診券があるのでマイナス20,000円
市の「特定健診の受診券もあるのでマイナス7,126円
市町村補助マイナス8,010円
オプション検査は別に掛かるが、半額になった気持ちだ。「安い」と感じた。

今日の検査がほぼ終了して昼食が運ばれて来た。
昨日からほぼ断食状態でいたので、こんなに多くても大丈夫と食べ始めたが、何時もの2倍以上も食べたことになった。

この後、視野検査などオプションに加えた眼科の検査を受けて本日分終了となった。

これから宿泊する場所はここ

一昨年、はじめてここの人間ドックに入った時、「病院は秋田病院、宿泊はルートイン」と話した時、息子は始めは秋田市に行ったのだと納得していたようだったが、添付している画像を見て、「秋田の病院で人間ドックに入って、宿泊はわざわざ能代に来たのか?」と思ったらしく、問い合わせのメールを寄越していた。

退職公務員新聞2017年02月21日 19:38

昨日の保坂福祉会館での会議前の作業は、この新聞を郵送出来るように帯かけすること。
一昨年までは毎月配達作業があったが、昨年度から2ヵ月分ずつ配達することに変更した。
昨日作った郵送分のうち、家がわかる人に配達することを、私の健康のために続けている。

今日最初に配達したのはこの家

次の人に行く途中にはこんな場所もある

この歩道は除雪機が通過したあとがあった
この児童公園前を通った。「排雪は中心部から順序に捨てましょう」との看板があったが、中に運び込まれた雪は少ないし、入口はブルドーザーの雪で塞がれている
この近くのアパートに住んでいる人もいる。スチール製の階段が狭く、滑りやすいので、ゆっくり上り下りした。
この道路を入ったところに住んでいる人もいる
3軒目
4軒目
6軒目
7軒目
8軒目
9軒目
10軒目
帰りに市役所前を通ったら工事が始まっていた


今日の経路をまとめるとこうなった


雪から雨へ2017年02月20日 15:58

今朝は雪、それも湿気を含んだ重い雪が濃い密度で降り注いでいた。その中を歩いて保坂福祉会館に出掛けた。
降雪を撮影するのは難しい。フラッシュを使おうとしたが、雪の明るさのためか反応しない。

中央公民館前の看板を利用しようとしたが……
遠景で雪が降っていることはわかる

今日はクルマを保坂会館の前に駐めた人も数人

12児半頃、ようやく会議が終わって帰途についたら今度は雨
今日は「必要なし」と思って折りたたみ傘をバックから取り出して部屋に置いて来たので濡れて帰るしかなかった。

今朝、出掛ける前に車庫前の除雪をしていたのだが、車庫前にはこんなに雪が積もっていた。
もう一度除雪をすると、雨だれでこんな写真になった

今週も報告集作成2017年02月19日 23:12

先週の日曜日も報告集作成に熱中し、月曜日のブログに載せたが今週は昨日と今日2日がかりで報告集を作成し、袋詰め切手貼りまで終えた。切手貼りだけでも50部となると時間が掛かる。
今回の報告集は写真よりも、1人ひとりの自己紹介・近況の言葉が面白くて、パソコンを打っている途中から段々1人当りの字数が多くなり、3ページの予定が5ページにもなってしまった。
ここには拡大出来ない形で紹介するが、5ページになると82円切手では送ることが出来ないので、10円切手を追加するハメになった。
82円切手はシール式の貼りやすい切手を準備していたが、追加の10円切手は1枚1枚舌で湿らせて貼るのにも時間が掛かった。

イオンで打合せ2017年02月18日 15:26

今日はイオンの食堂で打合せ
家を出る時には太陽が顔を覗かせていたが、気温が低くすぐに吹雪いてきた

これまでも何度かここで打合せをしているが、今日の3階は混んでいる。

最近は高齢者がここで遊んでいる場合が多い
ここで待ち合わせをしていた頃から、終わって帰る時まで1時間以上もずっと遊んでいる人もいた。

帰りもまだ粉雪が舞っていた

雨、風、雨傘の袋2017年02月17日 15:19

今日は雨なので朝から21日の会に提案する資料の作成に没頭、完成した資料を持って市役所と社会福祉協議会へ。雪だったらどんなに強く降っていても大丈夫だが、冬に雨だと本当に困る。

市役所には福祉課近くの駐車場側入口から入った。傘を何度も振り回して水を切り、持参した。

資料を渡したあと、正面玄関からサンピノの社会福祉協議会に向かう。正面玄関に受付嬢がいたので、「傘を入れる袋はありませんか」と聞いたが「ありません。自分で準備してください」の回答。
普段はクルマにビニール傘を備えているが、今日は丈夫な傘を差して歩いて来たことを悔やんだ。

次のサンピノでも傘の袋はなかった。しかし、この丈夫な傘を玄関脇の傘立てに置いたままで二階に行く気にはなれず、また傘を何度も振って水切りし持参した。
帰りにイオンに入る時にようやく傘袋をゲット

イオンから出た時には風が強く、傘を差さないで持ち歩いている人が2人。

せっかくゲットした傘袋、家に帰ってからは傘の柄に結び付けて置くことになった。